奄美新聞社ホームページ

九州大会へ出場 赤木名中女子駅伝チーム

九州大会へ出場 赤木名中女子駅伝チーム

画像の説明
1人ずつ抱負を語る赤木名中女子駅伝チーム

壮行会で選手激励

 今月初旬に行われた、県中学駅伝競走大会で、2位に入った赤木名中女子チームは30日に、指宿市で開催される「第25回女子九州中学校駅伝競走大会」へ出場する。大会を前に地元の応援者らが25日夜、笠利町の外金久生活会館で壮行会を開き選手らを激励した。

 10月にあった奄美大島中学校駅伝競走大会では1区から5区まで、一度も1位を譲ることなく安定した走りで4連覇を達成。そして、今月8日の県中学駅伝大会では、1位横川に13秒まで迫るも、惜しくも準優勝だった。

 赤木名中の安藤和久校長は「県大会では結果を緊張して待っていた。準優勝の報告を受け涙が出た。九州大会では、横川に勝ち県内1位の実力を証明してほしい」と話した。

 会場には選手らの保護者をはじめ、学校関係者、地元の応援者ら約30人が集まった。時おり応援者らが選手らの側に寄り、握手するなどしながら、応援の言葉を贈った。

 監督、コーチらと一緒に並び選手たちも、1人ずつ大会に向けた決意を語り、泊愛永主将は「応援してくれる人たちに感謝する気持ちを持ち、それに応える走りをしてきたい」と話した。

 選手らは27日に出発。30日に、指宿市営陸上競技場で行われる本大会に臨む。

コメント



認証コード9752

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional