奄美新聞社ホームページ

大きな感動ありがとう

大きな感動ありがとう

画像の説明
大島高校野球部、学校関係者が朝山毅奄美市長を表敬=31日、奄美市役所=

 第86回選抜高校野球大会に初出場した大島高校野球部員ら学校関係者9人が31日、奄美市役所を訪れ、朝山毅市長を表敬した。「明るく、さわやかなプレーで大きな感動をありがとう」と朝山市長が伝えると、重原龍成主将は「素晴らしいスタンドの応援は力になった。夏はみなさんと校歌を歌えるように、気を引き締めて練習していきたい」と語った。

 大会を振りかえり、同校の屋村優一郎校長は「奄美の人たちとの応援は一体感を味わえ、生徒たちにも良い経験になった。さまざまな所から支援をいただき、ありがたい」。渡邉恵尋監督は「優勝を目指す強豪校との対戦にもひるむことなく戦えた。中盤以降は、経験の差が出たが、選手個人が持っているものが高いことを改めて実感した。これをバネに勝って、またあの場に行けるようにしたい」とそれぞれ語った。

 談話の途中、朝山市長は訪問した選手一人一人に声を掛け、試合でのそれぞれのプレーについて労いの言葉を送っていた。また、朝山市長は「球場の雰囲気、多くの人々の応援で奄美の団結力を誇示し、大きく奄美をPRできたのでは」とも話し、同校野球部が出場した大会を評した。

 そのほか、泊慶悟副主将は「みなさんの支援で甲子園に行かせてもらった。次こそは島の人たちに恩返しをしたい」、川畑雅樹副主将は「みなさんの応援のおかげで自分たちらしいプレーができた、『夏も甲子園に行きたい』という思いが強くなった」、小野浩之介選手は「強豪校相手にやれた部分もあり自信になった。これからの大会で発揮したい」、福永翔投手は「アルプスの応援は自分たちの力になり、楽しくできた。悔いも残っているので実力でまた夏、甲子園に戻りたい」などと同席した選手がそれぞれ、夏に向けた思いを語った。

コメント

  • お疲れ様でした

    まずは大島高校のみなさん、選抜大会お疲れ様でした。
    私は兵庫県に住む27歳の女性です。今まで鹿児島や奄美大島に行ったことがなく、今年の選抜まで大島高校の存在を知らなかったのですが、龍谷大平安との試合を見てファンになりました。チームの雰囲気、プレー、全てに感動しました!
    また夏に甲子園に帰ってきてください。必ず応援に行きます。頑張れ大島高校\(^o^)/




認証コード1156

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional