奄美新聞社ホームページ

球場スコアボード改修工事へ

球場スコアボード改修工事へ

20140925 球状スコアボード プロポーザル-1
公募型プロポーザルを実施する名瀬運動公園野球場のスコアボード改修工事

得点や選手名がクリアに表示

奄美市、運動公園球場

 奄美市は、同市名瀬小宿の名瀬運動公園野球場のスコアボード改修工事について、公募型プロポーザル方式で、設計・施工事業者を決定する。施設の老朽に伴うシステム導入で、今年度中の完成が条件。提案受付は10月31日まで。

 社会人野球大会など各種大会のほか、プロ野球や実業団チームの合宿などに利用される同球場。管理者によると、年間入場者数は延べ1万人を超え、利用日数は約80日という。

 今回の施設改修は、2000年度整備事業で実施して以来。設備の老朽化により得点表示の不具合などが発生していたため、利用団体から早期改修が望まれていた。

 同市は今回、施設の長寿命化を盛り込んだ名瀬運動公園統合事業のなかで予算化。安定した施設利用の確保、表示速度の向上を目的に、日中の強い日差しでも文字や数字が鮮明に映る「磁気反転方式」を採用したシステムの導入を決定した。

 都市整備課によると、完成後は、チーム名、得点表示、BSOカウントの表示がすべてパソコン端末による操作となるため、「スムーズな競技進行が図られる」としている。

 予定価格は1億462万円。11月にプレゼンテーション、ヒアリングを実施後、施工事業者を決定。システムのメンテナンス対応や維持について各社の提案を審査する。

 申請は同市ホームページ掲載提案書での申込みが必要。問い合わせは☎0997―52―1111・内線1224(同市都市整備課設計工事係)まで。

コメント



認証コード9676

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional