奄美新聞社ホームページ

徳之島―沖永良部―那覇線開設

徳之島―沖永良部―那覇線開設

20180118(JALグループ18年度の路線便数計画)
7月に開設の奄美群島アイランドホッピングルートに新規投入される「ATR42―600型機」(提供写真)

アイランドホッピングルートで

増便やジェット化推進も

JAL18年度計画

 日本航空(JAL)グループは18日、2018年度の路線便数計画を発表した。奄美群島関係路線は増便や更なるジェット化、7月からの奄美群島アイランドホッピングルート(徳之島―沖永良部―沖縄〈那覇〉線)開設などが決定された。JALグループは、今後も奄美群島路線の利便性向上、奄美群島の更なる発展と活性化に貢献していくとした。

 路線便数計画の奄美群島関係は、▽鹿児島―奄美線(3月25日~31日、4月26日~)が7便から8~9便に増便▽鹿児島―奄美線(8月1日~)ジェット3便から同6便に▽徳之島―沖永良部線(7月1日~)新規開設1便▽沖永良部―那覇線(7月1日~)新規開設1便▽奄美大島―与論線(7月1日~)0・5便から1便▽奄美大島―沖永良部線(7月1日~)0・5便から0便▽沖永良部―与論線(7月1日~)0・5便から0便▽奄美大島―徳之島線(7月1日~)SAAB機(36席)からATR42機(48席)に変更▽鹿児島―与論線(6月15日~30日)1便から2便。奄美大島―沖永良部線、沖永良部―与論線は、アイランドホッピングルート開設に伴う経由地変更による運休とした。

 JALグループの日本エアコミューター(JAC)によると、アイランドホッピングルートの使用機材は最新鋭の「ATR42―600型機」(48席)。運航ダイヤは下りが奄美大島を午前9時5分に出発し、徳之島と沖永良部を経由し沖縄の那覇に同11時50分着。上りは那覇を午後0時35分発で沖永良部と徳之島経由で奄美大島に同3時45分着と発表された。

 JACでは「7月1日で創立35周年を迎える。これからも奄美群島のネットワークを充実させ、地域の発展に貢献していく」としている。

コメント

  • 沖縄、奄美 万歳!

    海の旅も、素晴らしい。悲願の空の旅も、とっても楽しみだ。


  • このコメントは管理者による承認待ちです。


  • このコメントは管理者による承認待ちです。




認証コード2305

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional